SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

寄稿文 カナダ - 日本

おしゃれとTPO
0

    ヒラリー氏

     

     

     日本女性は自分の体系的な欠点を上手にカバーしながら、それでいて上手におしゃれをすることに実に長けている。洋服、化粧品、アクセサリー、はたまた家庭用品に至るまで、創意工夫された物が至る所で売られている。

     

     知り合いの若い女性は、訪日の折にはいつも空のスーツケースを一個余分に持って行く。カナダでは手に入らない便利用品を片っ端からワンサと買って来るためである。帰りには重量オーバーすることも度々。だがそんな話は今どき珍しくも何ともない。

     

     話しは大飛躍するが、その便利な物を生み出しおしゃれ上手に余念のない日本女性たちに、同様に頑張って欲しいと思うのは政界への進出である。どの国にも一長一短はあるが、一年半前に44歳という若いジャスティン・トルドー氏が首相になった時何よりも驚いたのは、政権の要職の半分を女性にしたことである。

    私は思わず「いいぞ、ジャスティン!」と叫んだが、その改革にはお隣のツイッター大統領さえも一月の一般教書演説で言及した。

     

     

     そんなカナダの現状に比べ、日本女性の政治参加は恥ずかしいほど低い。現在は衆議院9.5%、参議院15.7%で、下院は世界191カ国中156位(2016年1月)というお粗末さである。

     

     1995年の世界女性会議(北京)で発表された世界の平均は11%だったが、今は約22%。となると日本はいまだに20余年も遅れている分けだ。政府の各会合のニュースを見るたびに、私はすぐに女性の出席者数を数えるが見事なまでに姿はない。

     

     そんな現状のなか、安倍内閣は昨年8月に稲田明美氏を防衛大臣に選出した。現東京都知事の小池百合子氏が、2007年の第一次安倍内閣時に8週間弱在位して以来二人目の女性起用。小池氏の在任期間が短かかったため比べようもないのだが、稲田氏の国会答弁を始めとする一連の行動には、役職の重要性を把握していないことが暴露されることが多く、日本在住でない私でさえ「この人で大丈夫かな?」と危うさを感じる。

     

     カナダに住む読者も、今どきはネットやその他で経緯を知る人は多いと思うので詳細は避けるが、大臣着任早々の靖国神社参拝、南スーダンPKO派遣部隊の日誌の件、現在大問題になっている大阪の森本学園の籠池氏との係わり・・・。かてて加えて、防衛大臣と言う国の最重要職にあるという自覚のなさを何よりも顕著に表しているのが、あのファッションである。

     

     自衛隊訪問時のピンクのスーツ、閲兵式にウエストに大きな縞のリボンのついたスーツにハイヒール、ソマリア沖の海賊対策で派遣された時のバケーション気分丸見えのラフな格好、所かまわず出現するミニスカートに派手な模様入りのストッキング、長い付け睫毛、緊張を迫られる国会の答弁でも両耳で揺れるダングルのイヤリグ・・・。

     

    Inaba

     

    Inaba

     

     大臣がおしゃれをしてはいけない理由は一つもないのの、公職にある者の立場をわきまえないその服装感覚にはただ驚くばかりである。自衛隊のトップがこんな安っぽいチャラチャラした格好では、体を張って任に当たる隊員たちが気の毒というものだ。

     

     生まれ持ったファッションセンスゼロの「ダサイさ」は如何ともし難いが、せめて服装のTPOは心得て欲しいと願わずにはいられない。ふと思うに、大臣の給料をもってすれば、スタイリストくらい雇えるのではないか・・・?

     

     一度ドイツのメルケル首相と「政治家とおしゃれ」なんてトピックで会談でもしてみたらどうだろう?(爆笑)

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    背広の襟のブートニア(飾り花)
    0

      ヒラリー氏

       

      ある年のクリスマス、その友人のバックグランドをまだ余り知らない時に、ご丁寧なカードを頂いた。親子3人が暖炉の前で仲良く微笑む写真付きで、日本では年賀葉書によく見られるものだ。

       

      だが私は、カードを開けた時ほんの一瞬であったが「エッ、どうしてこのおじいさんと孫のそばに友人が?」と迂闊にも思ってしまった。後からお連れ合いはとても年上の方と分かった。

       

      最近は「年齢差婚」と呼ばれるようだが、ふと考えると国際結婚にこれが多いように見受けられた。しかしこれは私一人が感じていることか思ったが、聞いてみると「同感」と言う方がかなりいて「やはりそうなのか」と改めて感じたのだ。

       

      しかしこれはあくまでも私的な感覚であって、統計的にどうかは分からないので念のため記しておく。

       

      カナダの有名人で年齢差婚と言えば、まずは「イケメン過ぎる・・」とやっかみ半分に揶揄される現首相の父親、ピエール・トルードー前首相(第一任期:1968-79、第二:198084)であろう。彼は当時知る人ぞ知るプレーボーイで、有名なハリウッド女優を始めとして他にも著名な女性たちと数々の浮名を流したものだ。

       

      トランプ

      現カナダ首相 ジャスティン・トルドー

       

      トランプ

      ピエール・トルード前首相とハリウッド女優 バーバラ・ストライザンド

       

      だが実際に結婚したのは首相が52歳の時で、29歳年下の「フラワーチャイルド」と呼ばれた時代のお年子のマーガレット。

       

      結婚生活は13年続きその間に3人の子を儲けたものの、自由奔放で首相夫人にはなり切れず、夫の「背広の襟のブートニア(花)になるのは嫌」と言って別れたのである。カナダでは現職の首相が離婚するの初めてと歴史に刻まれた。

       

      政治家の夫の飾り物に飽き足りなかったのは十分に分かる。だが一年半前に息子のジャスティンが首相になった時は、彼の胸に顔を押し当て涙を流して喜んだ。

       

      トルードー

      ジャスティン・トルードー現首相と母親のマーガレット・トルードー

       

      首相夫人は嫌だったが、首相の「ご母堂の座」は余程嬉しかったのか? 或いは精神的に不安定なバイポーラ(双極性障害)なる持病があるとかで病いのなせる業か知らないが、彼女の若かりし頃を知る者にはちょっと不思議な光景であった。

       

      余談だが、父親のピエール・ツルード前首相には、71歳の時に35歳年下のデボラ・コインという女性との間に出来た子供もいる。つまりジャスティン現首相とは異母妹ということになる。

       

      トルードー

      デボラ・コイン

       

       

      さてカナダの例を挙げた所で、誰を置いても次にご登場願いたいのは隣国の「新大統領様(70)」だろう。

       

      これは誰だ?

       

      このお方は、その政治姿勢と同様に私生活も大変に入り乱れており、今まで何回も若い女性とあればチョッカイを出し、或いは卑猥な言葉でおとしめてきたくせに、自分の娘が何かの標的になると怒り狂う。今は公的立場にあると言う自覚などそっちのけで、公私のけじめなどあったものではない。

       

      三人目のメラニア現夫人(46)とは24歳の年の差があり、子供は10歳の息子が一人。彼女は美人に目がない夫にその美貌と美しい肢体ゆえに射止められたお陰で、「ミリオネアの妻」から更には「大統領夫人」として世界中の耳目を集める立場になったのだ。

       

      だが子供の教育のためと言う大義名分で普段はNYに留まり、まかり間違ってもオバマ夫人のように影の力として政治に関与するなど一寸たりとて期待されていない。夫の政治姿勢に対し周りが何を言おうと馬耳東風。

       

      夫の賛同者や脚光を浴びる世界の指導者が来る時には、その美しさを誇示できる高価なドレスで身を包みカメラのフラッシュを浴びる・・・こんなに甘くて美味しい立場に誰もが成れるものではない。

       

      トランプ

      メラニア・トランプ

       

      美しく産まれたことを神に感謝し、大いに知恵を働かせその座に居座って欲しいものだ。

       

      と書いてふと手元の資料を探ると、Dow Jones社の記事に「『年の差婚』は長続きせず?20歳違えば離婚率が倍に」とある。

       

      一方、日本語の某サイトには「歳の差婚は年齢差ゆえにケンカにならず、経済力があるので女性は満足し長続きする」とある。が、並んで「ロリコンぽくて気持ち悪い!」とまで言い切る人もいる。

       

      立場によって各人各様の取り方が違うのは、さても興味深いものである。

       

       

       

       

       

      | - | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      麻薬インジェクション・センター 再リポート
      0

        ヒラリー氏

         

        ホームレスが集まった州裁判所裏庭(Quadra St. & Burdet St.)のテントシティが、強制立ち退きによって姿を消したのは去年の夏。その頃から入れ替わるように、メディアが次々と採り上げるようになったのは「インジェクション・センター(麻薬を打てる公的施設)」の話題である。

         

        日に日にそのニュース量は増え、暮れも押し迫った頃には、ついに仮施設がホームレスの互助機関である「Our Place」(PandoraJohnson)と、そこから2ブロック程離れた低所得者用アパートの中に出現した、と報じた。

         

        injection

         

        「仮施設」というのは、連邦政府からの完全な「お墨付き」はまだ出ていないと言う意味である。フル活動を可能にするには、BC州政府が国に申請している法案C-37 が国会を通過しなければならないが、一月半ば現在まだ全面的な「Go」は下りていない。

         

        同施設を設ける一番の目的は、規制に沿った正常な手段でインジェクション・センターを運営する事にある。それによて麻薬の常習使用者が、「過剰摂取」で死亡するのを少しでも減少する事に繋がると信じられているからだ。

         

        周知の通りバンクバーでは、すでに同様の施設が13年前から運営されている。それでも去年一年間で916 人がBC州で亡くなっており、その約60%は強力な合成オピオイドのフェンタニル(fentanyl)の使用によるものである。

         

        普通に社会生活を送っている者には、麻薬を打たなければ生きて行けない人々の思いを想像するのは難しい。だがすべての常習者には、それぞれ異なった理由がある。

         

        中でも悲惨なのは母親が妊娠中に常習していたことで、その悪影響を受けて生まれた子供が同じ轍を踏んだり、劣悪な家庭環境からの逃避であったり、また女性の場合は、性暴力を受けたトラウマから逃れるために薬物使用をするケースなどである。

         

        一月12日付けのTimes Colonist紙には、「Our Place」のDon Evans事務局長が「どんな命も救うことによって次の道が開ける」とした投稿記事を載せている。

         

        私は昨春、テントシティのニュースを追っていた頃に何度もこの人に会った。物静かで相手の話に真摯に耳を傾ける姿勢は、社会から自らを寸断した、或いは寸断されて行き場ない人たちに、どれほどの安らぎを与えるだろうかと感じたものだ。今彼は、仮施設から本施設への移行に心血をを注いでいる。

         

        下の写真は一月初旬に私が施設の見学を申し込んだ時に撮ったものである。

         

        injection

         

        injection

         

        まだフル活動ではないためか驚くほど簡易な作りだが、スーパーバイザーの管理のもとで運営が行われているのが見地された。常習者に精神的に寄り添うことで、立ち直りの方向にサポートもしていくと言う。だが残念なことに、今までそれに成功したのはたった一人とか。

         

        injection

         

        injection

         

        injection

         

        こうしたニュースに対する世論の反応は、自業自得説から、開設資金を健康保険に廻してカウンセリングの場所を増設し、中毒患者がよりアクセス出来るようにすべきだ、とする意見など様々である。

         

        一方国際社会に目を向ければ、独裁的・過激的な発言で波紋を広げることの多いフィリピンの現大統領ドゥテルテ氏が、去年6月に就任以来半年で麻薬撲滅のために1000 余人もの関係者を殺害したことが話題になっている。

        また日本でも元プロ野球選手・清原和博氏が覚醒剤を使用したことで逮捕された。

         

        「麻薬」と一口に言っても、そこには数えきれない程の種類がある。そして製造する人、販売する人、使用する人、取り締まる人・・・が千路に入り乱れ、まるでイタチごっこの様相を呈している。

         

        残念ながら撲滅への道は果てしなく遠いかに見える。

         

         

         

         

         

        | - | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ビクトリアに初の麻薬インジェクション・センター開設
        0

          ヒラリー氏

           

           

          今から14年前の2003年に、バンクーバー市のEastサイド(ホームレスなどが多い地域)に、スーパーバイザーが常駐する「麻薬インジェクションセンター」が開設された。

          http://www.vch.ca/your-health/health-topics/supervised-injection/supervised-injection

           

          このニュースを聞いた時、私は非常に驚くと同時に「一体どんな経緯を経ての結論なのだろうか?」と強い興味が湧いたのを覚えている。

           

          大都会トロントに先駆けてのことであり、カナダは勿論のこと、北米大陸では初めての試みであった。当然ながら賛否両論が渦巻き、多くは「麻薬の使用を奨励することになりかねない!」と声を大にして反対した。


          しかしそんな反論をよそに、今バンクーバーには2ヵ所が稼働している。

           

          それから14年後の今、今度は海峡を隔てたビクトリア市に同等の「仮施設」が2ヵ所オープンされた。開設の理由は2003年と同じで「こうした施設があることは蔓延の防止に繋がり、過剰摂取による死亡率が減少する」というのだ。

           

          場所はいずれもダウンタウンで、ホームレスの援護センターとしてビクトリアではとみに名を馳せている「Our Place Society」と、「テント・シティ」という、この夏までホームレス200人ほどがコミュニティを作って陣取った場所(州裁判所の一角にある公園)の近くである。

           

          BC州の保険大臣は、申請の詳細を連邦政府が素早く受け入れることを要望している。それによって本開設がよりスムーズになると言い、こうしたアクションを通して漸進的なアプローチをする以外に、現時点の深刻な薬物問題を反転させる方法はない、と断言する。

           

          現在、連邦政府のヘルス・カナダが決めている26の強力なドラッグ規約法を、BC州政府は同施設を運営するにあたり、法案C-37を提出し条例を5つにまで軽減することを希望している。


          主な項目は:
          犯罪率に影響をおよぼす領域
          ローカル地域の状況による指針
          規制に沿って設立された施設の運営
          施設維持に可能な情報の提供
          コミュニテイの理解を得るためのサポート

           

          BC州の去年の1月から10月までの過剰摂取による死亡率は622人で、内60%の死者は強力な合成オピオイドのフェンタル(fentanyl)によるものである。

           

          そのため、国外から入るこの薬物のピルやカプセルを作製する器材の輸入には、今後更なる規制を設け厳重に取り締まるとことも条約に盛り込むことを要望している。

           

          こうした一連の動きに世論はどう反応しているかと言えば、蔓延問題は誰もが解決すべき重要事項とは思っているものの、やはり賛否両論である。

           

          だが一番多く聞かれるのは、その資金を健康保険に廻し麻薬患者がカウンセリング出来る場所をもっと増設し、薬物患者がよりアクセスし易いようにすべきではないか、との意見である。

           

          今後の動きを注視したい。

           

           

           

           

           

          | - | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          トランプ時期大統領
          0

            ヒラリー氏

             

            11月27日記

             

             

            トランプ氏が次期大統領になることが決まってから今日で19日目になる。当然ながら、この人に関する論評や見通しが日々あらゆるメディアに登場しない日はない。

             

            そんな中11月17日に先進国の中で一番早く彼に逢いに行ったのは日本の安倍首相。両者ともゴルフが大好きということで、国産の50万円もするゴルフのドライバーをお土産にはるばるNYに出かけた。

             

            会見後の首相は「選挙中のトランプ氏とは全く違う別人で、日本のこともよく勉強していた」とのコメントを出した。

             

            お返しに首相が何をプレゼントされたかの詳細は定かでないが、一つは選挙中にかぶっていた野球帽だったとか。今アメリカでは、サインが縫い込まれた韓国製のものが出回っているとのことである。

             

            「風が吹けば桶屋が儲かる」の諺通りだが、まさか安倍首相がその安物の一つのみを有り難く「頂いてきた」わけではあるまい(と思いたい)。

             

            今となってはかなり前の話しになるが、選挙前には浮動票が多く、最後まで選挙情勢を読み切れなかった。原因の一つは「トランプは大バカで、人種や女性差別的な発言もする。でもエリートばかりが支配するワシントンに風穴を開けるために彼を送ってみようか・・・」と密かに思った人が多かったためと言われ「変化」を求めた人々のある種の本音が結果に出たわけだ。

             

            一方ヒラリー氏がなぜ勝てなかったかについても、いろいろと分析されている。

             

            女性や若者の圧倒的な支持があったかに見えたが、不満を持つ中間層の人々を取り込めなかったと見る向きが多い。彼女を支配階級(エスタブリッシュメント)の代表と感じたり、最終戦まで問題になった私用メールの件で信用を失ったことは確かだろう。

             

            だが、それもこれもすべて承知ではあるが、もう一つ、少なくとも日本の主流メディアでは余り話題にしなかったことの一つがヒラリー氏が女性だったこと。それがどこかで票を獲得出来なかったことに繋がっていないか、と思うのだ。

             

            つまり硬くて高い「ガラスの天井」の存在である。彼女は選挙期間中「尊大」「お高い」と言われたが、もし男性であったら同じような批判に晒されただろうかと思う。

             

            あるアメリカの調査に、成功者の名前が女か男かによって第三者の受け取り方が違うという結果が出ている。つまり男性名の場合は好感度が高いのだが、女性だと自分勝手で共に働きたいとは思わない、というのだ。

             

            「まさか今のアメリカ社会で!?」と思う人もいるだろうが、トランプ氏の言動を見れば容易に分かろうというものだ。あれほど女性蔑視の言葉を吐いても、一国の大統領になってしまうお国柄であることを忘れてはなるまい。

             

            それにしても女性初の大統領を夢見たヒラリー氏。当時48歳の夫が現職大統領だった時代に、たかだか21歳の女の子との不倫騒動を起こし、恥をかかされながらも離婚しなかったのは「いつか女性初の大統領に!」との夢があったからと言われている。

             

            ヒラリー氏

             

            想像の域はでないものの、ヒラリー氏が女性初の大統領にならなかったことで一番溜飲を下げたのは、不倫の相手であったモニカ・ルウィンスキーではなかろうか。

             

            ヒラリー氏

             

            高校を出たての世間知らずの娘だった彼女のその後の人生はメチャメチャにされたと言う。しかも不倫の相手は、ルウィンスキーのみならず、ジェニファー・フラワーズ等など・・・噂が絶えなかったが、そのビル・クリントン氏はすっかり白髪になったものの孫に相好をくずす好々爺になり、過去に何もなかったかの如く妻の応援に走り回る「良き夫」振りであった。

             

            世の中とかく腑に落ちないことが多いものだ。

             

             

            | - | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            美しい桜の背後にある日系カナダ人の悲史
            0

               

              ブリティッシュ・コロンビア州のビクトリアは、地理的に日本から一番近いため、当国に最初に来たパイオニアたちは、まずこの地に第一歩を踏んでいる。

               

              歴史を遡るとすでに140年も前のことになる。

               

              桜

              昔とは大変に異なる現在のビクトリア・ハーバーだが、写真婚の花嫁たちはまずここに到着した

              日系二世

              当時は一旗揚げて日本に帰る者や、またアメリカに渡る足掛かりの地として来た者もいたが、一方日本から花嫁を迎え定住した者も多かった。

               

              生来が真面目な日本人は、事業に成功し、家族と共に当地に根を張って行ったのである。

               

              ところが先の大戦が勃発するや、それまでの努力は水の泡と化した。

               

              カナダ政府は、1942年4月に彼らを敵国人として扱い有無を言わせず財産を没収した。

               

              その直後、バンクーバーのヘイスティング公園にあった悪臭立ち込める牛舎にまず収容し、その後、本土のロッキー山脈の麓の町々に急きょ建てたバラックまがいの幾つかの強制収容所に、一人残らず送り込んだ。

              (Wallace A. J. Smith と言う白人男性と結婚した日系二世のSally Kuwabaraのみは例外として島に残った)。

               

              それまで良き市民として生活していた人々には、晴天の霹靂であったことは言うまでもない。

               

              だがそれに先駆ける1937年春、まだ平和だった頃に行われた英自領記念日に、日系人は紙の桜でフロートを飾り、一等賞の300ドルを市から授与された。

               

              彼らはそれを返上し桜の苗木を買うように願い出た。

               

              桜

              日系人の寄付で最初に桜の苗が植えられた通りTrutch Street

               

              だが戦後彼らは諸事情で当地には戻らず、遠く離れた東部のオンタリオ州などの町々に移動し、春爛漫の花の盛りを一度も見ることなく亡くなった人も多かった。

               

              桜

              春になると至る所で見事な花を咲かせる市内の桜

               

              桜

               

              桜

              夏にみられる名残りの桜

               

              悲しい歴史を知ってか知らずか、市内の何百本もの桜はその後すくすくと育ち、今はビクトリア市の春の風物詩となっている。

               

              そんな過去を知るほどに、昔は余り気にも留めなかった桜の花を模した小物に、最近は何かと目が奪われる。日本なら安物の雑器で価値などないだろうが、どれもひどく愛おしく思われて仕方がない。

               

               

              桜

              骨董屋で見つけた桜の花の描かれた雑器

               

              (アメリカ政府の日系人に対する補償が成立したのを受け、1988年にカナダ政府も歴史の汚点を反省し、日系人への公式謝罪と犠牲者一人当り$21,000ドルの補償金を支払った)

               

               

               

               

              | - | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              BC州・ビクトリアのお盆の供養
              0

                お盆

                往く夏を惜しむバラの花

                 

                 

                8月27日(土)記

                 

                8月も後45日で終わるかと思うと、何か一抹の寂しさを感じる。夕日の落ちる時間も早くなったし、朝夕の涼しさもひと際感じられるようになって来た。

                 

                長年住んだトロントの夏の締めくくりは、何と言っても8月後半の二週間余り、オンタリオ湖畔のCanadian National Exhibitionsと呼ばれる場所で 開かれる博覧会である。

                 

                観覧車、ローラーコースターなどの乗物を始め、各種のゲーム、お化け屋敷、農産物展、有名シェフのデモや試食、ファッションショー、各種コンサート、そしてショッピングの売店やレストランが所狭しと軒を連ねる。

                 

                これは9月のレイバーデーまで続き、町中はワサワサと落ち着かない。何回か行けば毎年同じことに気付くが、生粋のトロントニアンのある友人は、「これに行かなければ夏は終わらない!」と飽きもせず毎夏出かけていた。

                 

                そんな大々的な催し物などはないビクトリアでは、さて一体何によって夏の通過を感じさせられるのか?

                 

                冷静に周りを見廻すと、マラソン競争、自転車競走、はたまたドラゴンボート競争等など、健康志向の催し物が多い。加えてギリシャ人のグリーク・フェスティバル、スペイン人のフラメンコ大会、インド人の民族祭り、亡き人を弔うポルトガル人の行列などが催される。

                 

                一か所に集まって大々的に…とはならないし、その規模の小ささには微笑ましささえ感じるが、どれも素人ぽっくって一生懸命なのは見ていて気持ちがよい。

                 

                そこに加えて、日本人、日系カナダ人にとっては真夏の「お盆」の集まりがある。

                 

                お盆

                100人ほどが集まるお盆の行事

                 

                この行事を仕切るのは、本土のStevestonの町にある浄土真宗のお寺から来られるグラント・イクタ僧侶である。日系人150余体が眠るビクトリアのロス・ベイ墓地に来られるまでには、島の各所に残る古い日系人墓地を数か所巡り、お墓の掃除をして清めた後に先祖の霊のために野外での祈祷を行うのである。

                 

                お盆

                本土Stevestonの町にある浄土真宗のお寺から毎年島の数か所にある

                日系人の墓参に来られるグラント・イクタ僧侶

                 

                お盆

                野外に設けられた祭壇

                 

                お盆

                読経の中でお焼香を済ませる

                 

                 

                去年この二日に渡るツアーに参加して、西海岸での日系史に改めて向き合い深く頭(こうべ)を垂れた。

                 

                もちろん「お盆」とは日本特有のもので、「迎え火」「送り火」を焚き、ナスときゅりに割り箸を刺して馬と牛に見立てた精霊馬(しょうりょううま)を飾るのが習わしである。が、今どきは日本の都会などでは余り見られなくなったその行事を、この島に来て体験した時は、正直言って驚いたものである。

                 

                私は今、英語で書かれた約140年前に始まった日本人のパイオニアたちの移民史を、グループで翻訳する仕事をまとめている。思っていたよりずっと大変な仕事であるが、我々の先祖の歴史と向き合うよい機会であることに間違いはない。

                 

                白人社会の中で、何よりも強制移動という言葉にはいつくせない差別と闘いながら生き抜いた先人の頑張りがなくしては、我々の今の生活はないと言えるだろう。今後も一年に一度のお盆のお墓詣りで、彼らの過ぎ越し方に思いを馳せたいと思う。

                 

                お盆

                ロス・ベイ墓地に眠る150余体の内、幼児の時に亡くなったのは50人ほどになる。

                今年はその子供たちのお墓に縫いぐるみを置いて供養した

                 

                 

                 

                 

                 

                | - | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「死」と向き会うということ
                0




                  第二次大戦後に生まれたベビーブーマー(団塊の世代)が社会の一線から退き、退職期に入っているのは世界的傾向でカナダも例外ではない。

                  以前にもこの欄で書いたが、ビクトリアのシニア率(2011年国勢調査)は18.4%で全国平均の14.8%より上である。(今年はまた国勢調査年のため数字が更新されるだろう)

                  過日そのシニアの多い町に「日本看取り士会」という組織の会長と、その一向が来て講演会を行った。この分野に私には全く予備知識がなかったが、漢字から察するに人生の最後、つまり死に直面する人々と向き合う仕事であろうとは容易に想像出来た。そして連鎖的に思い出したのが、以前観た本木雅弘、広末涼子主演の『おくりびと』という映画であった。

                  私は物書きと言う仕事柄、知らないことは自分の目と耳、時には感触によって確かめないと気がすまない。と言うことで、「おくりびと」と「看取り士」とはどう違うのかを知るためにも講演会に出席した。


                  看取り

                  会長の柴田句美子さんは外国への出張講演は初めてとの事であったが、自身のバックグランドに始まり、何故この道に深く関わるようになったかの経緯、活動の紹介、看取り士になるための仕組み等を、ビデオ(途中でダウンしてしまったが)を使って話された。

                  全く新たな職域ではあるが、彼女が数年前に立ち上げた「一般社団法人日本看取り士会」の養成講座を受け「看取り士」の資格を持っている人は今150人ほどいるとのこと。

                  今回ビクトリアに足を伸ばしたのは、当地に住むある日本女性の積極的な働きかけがあってのことだが、講演の次の日からは、日本から会長と共に随行して来た
                  12人が、当地の希望者2人と共に数日の講座を受けるためであった。

                  予定の講座に参加するなら、いっそのことこの機を利用して目先の変わったビクトリアで・・・、となったようだが、講座費用、旅費、滞在費を含めれば決してお安い額とは言いがたいであろう。しかしそれでもこれほどの人数が集まるのは、やはりこれからは益々需要のある領域と言えるからと推測する。

                  柴田さんの著書によると、日本における年間死亡率は現在110万人、団塊世代が加わることで将来は160180万人になると言われているそうだ。

                  さてそれでは「おくりびと」と「看取り士」との違いは何か?

                  「おくりびと」は亡くなった死体そのものに死化粧をし納棺し・・、と言った一連の作業があるが、一方「看取り士」は亡くなる人と生前に向き合い、抱きしめてその人の思いや愛やパワーを受け止め、残された人に受け渡すことだと言う。

                  となると、立場に相違はあるものの、妊婦が病院での出産を望まない場合、お産婆さんの手を借りて自宅で産むのとどこか似ている気がする。


                  だが、出来れば日常生活の中で人が直視を避けたい『死』と言う問題に向き合うということは、「仕事」とだけでは決して割り切れないもっと深遠な人の心の襞に触れることを要求される。それが出来る強靭な精神性も必要となる。

                  しかし正直言って私は、柴田さんの講演が始まった時内心かなり戸惑った。というのは、彼女の終始一貫ニコニコしてよどみなく話す様が、まるで信者を獲得する新興宗教の教祖のように見え、ひどく違和感を覚えたからだ。


                  看取り

                  もちろん仏頂面した人から『死』の話を聞きたいと思う人はいない。日常の中のグレーの部分を話すことに、経験を積んだ彼女にはすでに抵抗がないのであろうし、幾つもの体験を乗り越えてきたからこその笑顔なのかもしれないとは思うが・・・。

                  さて、言葉も習慣も違うこの国で日本と同じ作法が通用するかの疑問はあるが、一方このコンセプトが西欧社会ならではの独自の方向に波及することも考えられるなくはないだろう、とそんな感想を持った。
                   

                   


                   

                  | - | 05:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  作家 津島佑子さんの思い出
                  0




                    作家の 津島佑子氏が2月に肺ガンのため68歳の若さで亡くなった。

                    かの有名な太宰治の娘であったことを知らぬ人はいないだろう。あらがう事が出来ない血の流れとでも言おうか。生前受賞した「文学賞」は14にもなりその数の多さには驚かされるが、作品は自立した女性の生き方や、人間の生死を軸にその真髄に迫り問い続けた作品が多かった。

                    それは氏の生い立ちを見れば容易に理解できる。

                    多摩川上水で、よその女性と入水自殺した38 歳の父親とは一歳で死別しており、12歳の時には脳性障害のあった3歳年上の実兄が病没。
                    更には、父親が又も他の女性との関係で生まれた津島氏とは8ヶ月違いの異母妹、作家・太田治子の存在もある。加えて、自身の私生活では一度目の結婚で娘1人を出産後離婚。再婚相手との間に生まれた8歳の息子を呼吸発作で亡くし、その後この夫とも離婚している。

                    人生の辛苦を十分に体験し尽くした作家であったが、作品は日本ばかりではなく、英語、仏語、独語、伊語、中国語など等にも翻訳されており国際的にも評価が高かった。

                    すでに20年前になるが、私はこの作家を単独インタビューする機会をもった。氏は当時まだ40代後半で、トロントで毎年開催される国際的に名の知れた作家たちを招待して、自身の作品を読む「国際作家大会」に参加するために来加された時のことであった。


                    Tsushima Yuko

                    当然と言おうか、その時私はお会するまでかなり緊張した。だが、質問を開始すると気取ったところはミジンもない気さくな人柄であったが、同時に内に秘めた強靭な意志をそこここで感じた。

                    その時の貴重な体験を振り返り、今でも私の心に残る氏との会話の幾つかを思い出してみたい。

                    まず私がとても知りたかったのは「小説を書く喜びとは何か」と言う事だったが、「私は自分が伝えたいと思うことを小説に書くため『これは届くぞ』と思うものが書けたとき、またはそれを受け止められたと感じられたときはとても嬉しいです」と率直な返事が返ってきた。

                    続いて「父親、実兄、息子さんとの死別がご自分の文学に与えたものは?」に対しては「私に小説を書く力を与えてくれたのは、脳障害のあった兄の存在が大きかったと思う」と言い「彼は言葉を使って自分で表現することは出来なかったものの、人間的な感情や知恵に満ち溢れていて人を愛することを知っていました。でも肉体が死んでしまえば後には何も残らないわけです。

                    父も小説は残しましたが、若くして亡くなりましたからまだ言いたいことがあったのではないか思います。家族ばかりではなく、語らずに死んでいった多くの人の気持ちを代弁したい、と言う気持ちが文学に進むことを選んだのだと思います」とその思いを吐露してくれた。


                    また父親の作品はいつ頃から読み始めたかには「10歳のころなるべく漢字の少ないのを選んで読みました」といい「でも家族が書いた作品と言うのは個人が残した日記を見るようで文学作品としては読めないものですが、ただ何を考えていたかを知りたかったのです。

                    私のことを『何てかわいい子だ』なんて書いてあるかと期待したのですが、何もなかったのでがっかりしたのを覚えています」とユーモアのある返事をしながら破顔一笑する笑顔が優しかった。


                    幾つもの質問の後に日常のスケジュールを伺った時「私は家の中のことなど、浮世のことはもうすべてやってしまった、と言う生活状態にしないと全身で小説に入り込めないのです」との返事が返ってきた。

                    私は内心「こんな著名な作家でも女性となると日常の雑事が優先されるのか」と半ば驚き、反面、それ故に「人間的な細やかな表現が出来るのかもしれない」と納得したのであった。


                    ご冥福を祈りたい。

                     
                    Tsushima Yuko





                     

                    | - | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    日本の国技 相撲
                    0


                      メールマガジン「ビクトリア見聞録」 3月27日号


                       



                      読者の中には日本の相撲がこよなく好きと言う人も多いかもしれない。近年はテクノロジーの発達によって、海外在住でも年6回の取り組みを楽しむことなど分けもないことである。

                      私はいわゆる「相撲ファン」などではないものの、今場所は誰が優勝したくらいの情報は得ている。

                      若い頃は、あの太った身体を目にするのがとても不快で、頭では歴史のある国技だということは知っていたが、世間で言う人間味が出る技の素晴らしさなどに目を向ける気など更々なかった。


                      だが外国住まいが長くなるに従って、日本のこうした催し物に「懐かしい・・・」と言う気持ちが湧き食わず嫌いは良くないと思うようになった。

                      そう思ってたまに目を向けると「なるほど、あんな技があるのか」とか「あの力士の技はお粗末だな」と素人の私でも段々と分かってきたから不思議である。


                      力士はどこの国の出身でも四股名は日本名であるため、通でない限り同じアジア系の場合などは、顔を見ただけでは日本人力士かどうかまったく分からない。

                      今や外国出身の力士など何も珍しくないが、戦後初の外国人力士は64年に初土俵を踏んだ高見山(ハワイ出身)でジェッシーという愛称で呼ばれていた。大きな身体にしゃがれ声、加えて米国人らしい陽気さで人気があったのを覚えている。

                      中にはカナダ出身の力士もいたようで、85年の九州場所で初めて土俵を踏んだ琴天山と言う人が記録にある。だが彼は相撲界にどうしても馴染めず、プロレスラーに転身したが42歳の若さで病死したそうだ。

                      その後は、30年振りに去年白人力士(ビクトリア出身)がニュースになり、当地の新聞Times Colonistでも採り上げられた19才のブロディ・ハンダーソン力士が記憶に新しい。金髪でイケメンと騒がれているようだが、その内にビクトリア在住の両親に会い、また次の訪日の際には本人を是非インタビューしてみたいと思っている。

                      今はモンゴル出身が外国人力士の中で一番多く26人にも上り、日本の伝統競技はすっかり外国人力士がその担い手になった感がある。実際の優勝歴を見ると、2006年以来モンゴル勢が19回、ブルガリア出身の琴欧州が一回優勝しているのである。

                      そんな中、今年3月の春場所では、大関琴奨菊が10年ぶりに日本人力士として優勝を果たした。だがその際メディアが余りにも「日本出身を前面に出し過ぎる」と批判され、違和感を感じた人は多かったようだ。

                      「世間では国際化、国際化を叫ぶくせに・・・」と私もその反応にニンマリし、そう感じる人がもっと増えればいいのにと思ったものだ。


                      もちろんこれは、相撲は日本古来の文化という思いが日本人には根強くあり、今でも外国人力士を脇役(お飾り)と考える人が多勢を締めるからではないかと思う。

                      だが今は、モンゴル出身者を筆頭に11カ国から39人の力士がしのぎを削る時代である。日本人も外国人も分け隔てなく戦えるスポーツに変身しなければ、相撲界の将来はないのではあるまいか。

                      ちなみに私は軽量で小柄ながら、真っ向から勝負を挑むモンゴル出身の日馬富士が好きである。





                       

                      | - | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |