SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

寄稿文 カナダ - 日本

<< ゆきのまち通信・・・盛岡・ヴィクトリア姉妹都市/キーパーソンの新渡戸稲造 1862〜1933 | main | ヴィクトリア見聞録(Vol.8) >>
ヴィクトリア見聞録(Vol.7)
0

    ヒラリー氏

     

    ヴィクトリアの海辺から
         Vol.7  (7月27日号)


    「片思い」


     
    岩手県の盛岡市とヴィクトリア市(以下V市)のように、世界の二国間の町が、ある出来事や共通項をきっかけに、姉妹都市関係を提携するのはよくあること。
     
    では「V市と盛岡のきっかけは?」となると、ここに住む日本人でも詳細を知らない人はかなりいるようだ。
     
    いきさつは、1800年代後半にアメリカのジョン・ホプキンス大学を卒業し、ドイツにも留学した後、半世紀にわたり政治家、教育者、思想家、著述家として国際社会で大活躍をした盛岡出身の新渡戸稲造氏が縁である。

    一時は日本の5千円札の肖像画にも選ばれ、また20数カ国に訳されている『武士道』の著者であることでも知られている人物だ。
    だが71歳の時、日本政府の代表としてバンフで開かれた国際会議に、太平洋問題調査会理事長として出席した折に、残念ながら病をえて客死したのがこのV市だったのである。
     
    それが縁で姉妹都市になったのは今から30年前で、今年は盛岡から関係者や便乗旅行者が数十人単位で訪れ、記念式典が行なわれ、またヴィクトリアデー・パレードにも参加すると聞いたのは3月初旬のことだった。
     
    私は「これは素敵なニュース!」と思い、長年、東北にあるタウン誌「ゆきのまち通信」に寄稿していることから、記事を草稿する約束をし、またV市の友好協会のM会長に、すぐにインタビューを申し込み詳細の把握に努めた。

    日が経つほどに分かって来たのは、1985年を皮切りにこの30年の間、実に5年ごとにどちらかの市でセレモニーが行われ、記念になる何かを寄贈し合って来ているということであった。
     
    だがその経過を見ると、5年目に当たる1990年から6回目の今年まで、V 市が盛岡に寄贈したのは2回(トーテンポール、壁画)で、後の4回は盛岡からV市に記念すべき物が贈られているようだ。
     
    それは、V市南端Dallas Rdの散歩道にある記念碑、ダウンタウンのTourist Officeの時計、Royal Jubilee Hospitalの新渡戸稲造公園、そして今年はInner HarbourのCentennial Parkに『友情の鐘』設置となっている。
     
    長きに渡る関係者の努力には心からの称賛を送りたい。
     
    だが読者の中にDallas Rdの記念碑を最近見た人がいるだろうか。
    クモの巣の掛かった鉄柵に囲まれた石碑にある『願わくばわれ太平洋の橋とならん』の新渡戸氏の言葉はすっきりとは読みがたく、何とも侘(わび)しいたたずまいである。


    盛岡
     誰も立ち止まって碑に目をやる人はいない

    M会長のインタビューの際には、この有り様と共に、太平洋の向こうに日本が位置していることを意識して選んだ立地にもかかわらず、成長した木々で海面が見えないことに言及し「ボランティアが清掃出来ないものか」と聞いたが「市の土地のためそれは不可能」との返事。


    盛岡
     犬がフンをしているのに居合わせた(2015年7月21日撮影)

    今回訪れた日本側の関係者も、この状況には驚きを隠せなかったようで「何とかしなければ」と思われたようだが、今後の動きが注目される。
     
    さて『友情の鐘』設置の日は五月晴れの早朝で、ヘルプス・ヴィクトリア市長も出席してのセレモニーであった。盛岡からは、同行して来たテレビ局や新聞社(2社)が、到着初日からまめまめしく取材に当たっていたが、校圓話聾気離瓮妊アへの連絡をまったく怠ったと聞かされた。

    盛岡
     余り優雅とは言えない「友情の鐘」のたたずまい。真ん中の綱はセレモニー後に取り外された

    「日本へ行く時は、土産を一杯貰うので空のスーツケースを一つ持っていかないと持ち帰れない」というV市側関係者の言葉がいまだに耳の奥に残っており、何やら『片思い』の恋人を見るようで、直視が痛い。


    〜*〜*〜*〜*〜*〜

    追記:

    盛岡が持参した「友情の鐘」設置のニュースが、ローカルの新聞に掲載されなかったことに驚きを隠せなかったが、さらに驚いたのは、約一か月後の新聞「Times Colonist」の一面記事だった。
    蘇州市が当市にある有名なButchardGardensに送ったという龍の噴水の記事と写真が一面のトップを飾ったのだ。





    盛岡
    当地で唯一の新聞TimesColonistの一面に蘇州との姉妹都市のニュースが掲載された


    盛岡
    市庁舎のそばに掲げられているサイン。Suzhouとは中国の蘇州のこと


     

    | - | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.keikomiyamatsu.com/trackback/48