SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

寄稿文 カナダ - 日本

<< 麻薬インジェクション・センター 再リポート | main | おしゃれとTPO >>
背広の襟のブートニア(飾り花)
0

    ヒラリー氏

     

    ある年のクリスマス、その友人のバックグランドをまだ余り知らない時に、ご丁寧なカードを頂いた。親子3人が暖炉の前で仲良く微笑む写真付きで、日本では年賀葉書によく見られるものだ。

     

    だが私は、カードを開けた時ほんの一瞬であったが「エッ、どうしてこのおじいさんと孫のそばに友人が?」と迂闊にも思ってしまった。後からお連れ合いはとても年上の方と分かった。

     

    最近は「年齢差婚」と呼ばれるようだが、ふと考えると国際結婚にこれが多いように見受けられた。しかしこれは私一人が感じていることか思ったが、聞いてみると「同感」と言う方がかなりいて「やはりそうなのか」と改めて感じたのだ。

     

    しかしこれはあくまでも私的な感覚であって、統計的にどうかは分からないので念のため記しておく。

     

    カナダの有名人で年齢差婚と言えば、まずは「イケメン過ぎる・・」とやっかみ半分に揶揄される現首相の父親、ピエール・トルードー前首相(第一任期:1968-79、第二:198084)であろう。彼は当時知る人ぞ知るプレーボーイで、有名なハリウッド女優を始めとして他にも著名な女性たちと数々の浮名を流したものだ。

     

    トランプ

    現カナダ首相 ジャスティン・トルドー

     

    トランプ

    ピエール・トルード前首相とハリウッド女優 バーバラ・ストライザンド

     

    だが実際に結婚したのは首相が52歳の時で、29歳年下の「フラワーチャイルド」と呼ばれた時代のお年子のマーガレット。

     

    結婚生活は13年続きその間に3人の子を儲けたものの、自由奔放で首相夫人にはなり切れず、夫の「背広の襟のブートニア(花)になるのは嫌」と言って別れたのである。カナダでは現職の首相が離婚するの初めてと歴史に刻まれた。

     

    政治家の夫の飾り物に飽き足りなかったのは十分に分かる。だが一年半前に息子のジャスティンが首相になった時は、彼の胸に顔を押し当て涙を流して喜んだ。

     

    トルードー

    ジャスティン・トルードー現首相と母親のマーガレット・トルードー

     

    首相夫人は嫌だったが、首相の「ご母堂の座」は余程嬉しかったのか? 或いは精神的に不安定なバイポーラ(双極性障害)なる持病があるとかで病いのなせる業か知らないが、彼女の若かりし頃を知る者にはちょっと不思議な光景であった。

     

    余談だが、父親のピエール・ツルード前首相には、71歳の時に35歳年下のデボラ・コインという女性との間に出来た子供もいる。つまりジャスティン現首相とは異母妹ということになる。

     

    トルードー

    デボラ・コイン

     

     

    さてカナダの例を挙げた所で、誰を置いても次にご登場願いたいのは隣国の「新大統領様(70)」だろう。

     

    これは誰だ?

     

    このお方は、その政治姿勢と同様に私生活も大変に入り乱れており、今まで何回も若い女性とあればチョッカイを出し、或いは卑猥な言葉でおとしめてきたくせに、自分の娘が何かの標的になると怒り狂う。今は公的立場にあると言う自覚などそっちのけで、公私のけじめなどあったものではない。

     

    三人目のメラニア現夫人(46)とは24歳の年の差があり、子供は10歳の息子が一人。彼女は美人に目がない夫にその美貌と美しい肢体ゆえに射止められたお陰で、「ミリオネアの妻」から更には「大統領夫人」として世界中の耳目を集める立場になったのだ。

     

    だが子供の教育のためと言う大義名分で普段はNYに留まり、まかり間違ってもオバマ夫人のように影の力として政治に関与するなど一寸たりとて期待されていない。夫の政治姿勢に対し周りが何を言おうと馬耳東風。

     

    夫の賛同者や脚光を浴びる世界の指導者が来る時には、その美しさを誇示できる高価なドレスで身を包みカメラのフラッシュを浴びる・・・こんなに甘くて美味しい立場に誰もが成れるものではない。

     

    トランプ

    メラニア・トランプ

     

    美しく産まれたことを神に感謝し、大いに知恵を働かせその座に居座って欲しいものだ。

     

    と書いてふと手元の資料を探ると、Dow Jones社の記事に「『年の差婚』は長続きせず?20歳違えば離婚率が倍に」とある。

     

    一方、日本語の某サイトには「歳の差婚は年齢差ゆえにケンカにならず、経済力があるので女性は満足し長続きする」とある。が、並んで「ロリコンぽくて気持ち悪い!」とまで言い切る人もいる。

     

    立場によって各人各様の取り方が違うのは、さても興味深いものである。

     

     

     

     

     

    | - | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.keikomiyamatsu.com/trackback/66